FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の接触による問題

お口の病気の原因には、細菌感染によるものと、食いしばりや歯ぎしりなどの力によるものがあります。

人間の上下の歯が1日で接触する平均時間は17分と言われています。

とても短く感じるかもしれませんが、普段の生活のなかで、唇が閉じていても上下の歯同士は当たっていないのがふつうなのです。

逆に上下の歯が当たる機会が多くなると、色んな所に負担がかかり問題が生じてきます。

歯に負担がかかると咬耗や知覚過敏、破折が起こることもあります。歯がグラグラ動き始めることもあります。それらに伴う痛みもでることがあります。

筋肉に負担がかかると、筋肉痛や肩こり、偏頭痛の原因になることもあります。

顎関節に負担がかかると、顎関節症で口が開きにくくなったり、音がなったり、痛みがでることもあります。

これらは、上下の歯が過度に接触することから起こります。

夜間、歯ぎしりや食いしばりをしている人はどうでしょうか?
無意識での歯ぎしりや食いしばりは100㎏くらいの力がかかるといわれています。
寝ている間中、ずっと歯ぎしりや食いしばりをしている場合、長時間プラス強い力が加わり、問題をより引き起こす可能性があります。

噛み合わせに関しては、咬合器に付けた模型での診断や筋肉触診、関節の聴診、レントゲンやMRIを用いた検査が必要です。

噛み合わせに不安を感じられる方は、気軽にご相談下さい。

川西市
青山歯科医院

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。