FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お口の健康を守るために

お口の健康を損なう原因は何か?

その2大原因は細菌と力です。
今回は細菌について記したいと思います。

細菌が増えるとプラークという細菌の集合体を形成します。

プラークが停滞し続けるとその部位にむし歯や歯周病が発症し出します。

プラークはぬるぬるしていますが、目に見えない状態で存在します。
何処にプラークがついているがわかりますか?

プラークを染め出すお薬を使ってみましょう。
赤く染まっているところがプラークです。

1日に1回はこの赤く染まっているプラークを取り除く事が大切です。

このように取り除く事ができれば大丈夫です。


それではプラークをどのように取り除くか?

歯と歯の間のプラークは歯ブラシだけでは除けません。

それでは何を使うのか?

それはデンタルフロスです。

歯と歯の間は自浄作用が働かず、デンタルフロス意外ではプラークを完全に取り除く事ができません。


歯科医師や衛生士の仕事は、

患者さん自身が健康を維持していただく為に、フロスを中心に、このプラークを取り除く習慣や技術を身につけて貰えるようにサポートすること。

また、プラークを取り除きやすい口腔内にしてあげることです。

詰めたインレーやコンポジットレジン。またはかぶせたクラウンやブリッジ。
フロスが引っ掛かるようでは、プラークを取り除くどころか、毎日の習慣として続けることも無理でしょう。

むし歯や歯周病から大切なお口を守るために、是非ともフロスを1日1回使って下さい。

引っ掛かるようなら引っ掛かる事のないような治療が必要です。

歯は老化ではなくなりませんよ。
一緒に守っていきましょう。

川西市
青山歯科医院








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。