FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理な非抜歯矯正治療はいけません。

矯正治療を行うにあたり、歯を並べるためのスペースが必要になります。

凸凹具合が大きい場合、小臼歯を抜歯してスペースを作る必要となる場合があります。
その判断を適切に行わなければ、オープンバイト(前歯が噛み合わない状態)になったり、口元がもっこりしたり、第2大臼歯がズレたり色々な問題が表れることとなります。

今回は、非抜歯矯正で行ったけどもオープンバイト、第2大臼歯のズレが出たケースを再治療したケースを紹介します。
術前

再矯正治療中

矯正治療終了

抜歯しての矯正治療は、出来るだけしたくない。という方もおられますが、無理な非抜歯矯正治療は後で後悔することになります。
適切な矯正方法を考えることをおすすめします。

川西市
青山歯科医院

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。