FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜歯矯正も可能に。インビザライン。

顎の大きさよりも、そこに並ぶ歯の幅が大きい場合に、歯が凸凹と並び、歯列不正を引き起こします。

つまり、歯列矯正を行う場合、歯がきれいに並ぶ為にはスペースが必要となります。

青山歯科医院では、マウスピースを用いた矯正装置インビザラインを行っております。
そのインビザラインは毎年進化してバージョンアップをしていますが、このところ抜歯矯正にも対応となりました。

矯正治療においてスペース確保が重要なことなのですが、あまり無理な拡大矯正等でのスペース確保は後戻りの原因にもなります。
抜歯矯正にも対応出来るようになったことはインビザラインでの適応がさらに広がったことになります。

このところネット上で低価格でのインビザライン広告が見られますが、ご注意下さい。
矯正治療は矯正検査もさることながら、噛み合わせ検査を始め、ムシ歯や歯周病の検査及び診断にしっかり時間をかける必要があります。

インビザラインは、噛み合わせに関する予想も立てた上でマウスピースを作ることか可能です。つまり、検査及び診断の際に噛み合わせついて精査した上での計画を考えましょう。

川西市
青山歯科医院

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。