FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する感染予防対策


器材の滅菌には、昔は加熱滅菌法(鍋で器材をゆでる)が行われ、
今では、高圧蒸気滅菌器を用いた滅菌が一般的になっています。

最近、ヨーロッパ規格EN13060をクリアーした滅菌器として
『クラスB』の高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が、すごい効き目である
という事がいわれるようになりました。
真空と蒸気と加圧を数回繰り返すことであらゆる器材の滅菌を行える(熱に耐えられるもの)
というもののようです。

それでは、今日本で多く使われている従来型のオートクレーブでは不十分だったのか?

当院では数種類の滅菌器を使い分けておりますが、新旧入れ替えの際に
『クラスB』の器械を採用することになりました。

DACプロフェッショナルという高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を購入して使用しております。


購入に際して高価であること、
頻繁に滅菌精製水を使用したり、色々維持費等がかかること、
(^_^;)って感じのところもあります。
しかし、循環させていた滅菌精製水を廃棄する際、器械から出てくる汚れた排水を見ると
この汚れは従来型のオートクレーブであればどこへ行ってたのだろうか?
と思うとやはり『クラスB』は進化した高圧蒸気滅菌器であると実感できました。

川西市
青山歯科医院




テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。