FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも続く違和感で考えられる事

むし歯で歯がしみる。
歯周病で歯茎が痛い。

口の中を見てもすぐにどこが・どのくらいの範囲で悪くなっているのか
分からない場合があります。

私たちはレントゲン写真をとって見えない部分の様子を調べます。

しかし、レントゲンを撮っても何も写っていない、
だけど噛むと痛い、叩くと響くといった症状だけが続く事があります。

その場合、多くは歯の破折が考えられます。
破折にも、歯冠(歯の見えてる方)と歯根(歯茎の中に隠れている部分)
での破折があります。

根破折1

根破折2
この写真は歯根破折を起こしている歯です。

このようになると抜歯をするしかありません。

歯根破折を起こさないようにするには、歯髄(歯の神経)を取らない。
まずは、歯髄を取る状況を作らないことです。

むし歯にならない、便宜的に歯髄を取らない。
予防第一。
日本人の歯の喪失は、歯の治療を受けた歯から起こる事が多い。

治療を受ける前に、詳しくお口全体を調べて、治療の計画や説明を受けてることをおすすめします。

川西市
青山歯科医院

青山歯科ホームページ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。