スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラケットを用いた矯正治療

ブラケットを用いたエッジワイズ法での矯正治療。
正面
上
下

インビザラインでの矯正治療は臼歯近心移動がちょっと苦手。
お口の状態によってブラケットを用いた矯正治療の方が早く終わります。
インビザラインでの矯正治療を好まれる方が最近増えていますが、
最善の方法を見つけるために、先ずはきっちりと検査を行いましょう。

川西市
青山歯科医院
スポンサーサイト

マウスピース矯正。インビザライン装着して

インビザ

青山歯科医院では、インビザラインの相談を行っております。
患者さんから『マウスピースを装着しているのが他人から分かるかどうか?』
という質問が多く聞かれます。

目立たない矯正をしたい方にとって、マウスピース自体が目立つのでないかと心配されるのはよくわかります。
上の写真はインビザラインを装着してもらった状態での口元の写真です。

パッと口元を見て、マウスピースの存在を気づく人はまずいないのではないでしょうか?

歯の並びが気になるけども、矯正装置が目立つのは嫌という方は是非ご相談ください。

川西市
青山歯科医院








矯正治療、お疲れ様でした。

3年前、顎関節に問題があるという事で来院されました。

お口が開けにくく、前歯の見た目も気になるということで
予防プログラム、矯正治療、咬合治療、修復治療を行いました。


術前
術前

術後
術後


矯正治療期間はおよそ2年6か月。いろいろと痛みや不便さがあったと思います。
これからは、今の快適さを維持できるように、頑張ってメンテナンスに来てください。
お疲れ様でした。

川西市青山歯科医院

矯正相談の適正な時期について

こどもの歯並びの相談を受けてよくある質問があります。

『いつ頃から矯正をしたらよいですか?』

成人や永久歯のはえそろった状態であれば、

矯正治療をしたくなった時が、矯正治療を始める時期であると言えますが、

小さいお子さんを持ったお母さんにとっては、

乳歯の時期や永久歯と乳歯の入り混じった混合歯列期の場合は、

いつの時期に矯正治療を開始するか気になるかと思います。


『いつ頃から矯正治療をしたらよいか?』という質問に対しての答えは

個人差があるので、お口の状態や成長度合いと相談する必要があります。

ただ、矯正相談の適正な時期としては

年齢でいえば、6歳、7歳ごろ

歯の萌出状態で言えば、上顎の前歯2本下顎前歯4本が永久歯に生え代わったころ


と言えます。

また、こどもの矯正治療は、第1期治療と第2期治療に分けて成長と相談しながら

治療を行っていきます。


歯の治療は、すべての人に対してオーダーメイドです。

決して、同じ治療はあり得ません。

歯の治療の相談は、相談したくなった時にされるのが一番良いかと思います。



川西市
青山歯科医院

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

子どもの矯正治療

もうすぐ入学式や始業式が始まります。

その後、学校行事として検診が始まります。

歯科検診では、歯並びの検査項目があります。

毎年、チェックを受けながら、

矯正治療を始められない子もたくさんいるのではないかと思います。


歯列矯正治療は、いつからでも始められます。

しかし、大人になってから始めるよりも、

子どもの時期に計画的に矯正治療が始められれば、

簡単な装置で矯正治療が終われる場合があります。



小児矯正は一期治療として小学生の低学年から始めることで、

二期治療を行わずに終了する可能性があります。

また、永久歯が生えそろい、二期治療が必要になったとしても

簡単に終わることが出来る可能性もあります。

矯正治療


一期治療の治療費は、成人矯正の半分の費用で行っております。

もし、少しでも矯正治療が必要かなと感じられたら、いつでもご相談ください。


川西市 青山歯科医院

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。