スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の接触による問題

お口の病気の原因には、細菌感染によるものと、食いしばりや歯ぎしりなどの力によるものがあります。

人間の上下の歯が1日で接触する平均時間は17分と言われています。

とても短く感じるかもしれませんが、普段の生活のなかで、唇が閉じていても上下の歯同士は当たっていないのがふつうなのです。

逆に上下の歯が当たる機会が多くなると、色んな所に負担がかかり問題が生じてきます。

歯に負担がかかると咬耗や知覚過敏、破折が起こることもあります。歯がグラグラ動き始めることもあります。それらに伴う痛みもでることがあります。

筋肉に負担がかかると、筋肉痛や肩こり、偏頭痛の原因になることもあります。

顎関節に負担がかかると、顎関節症で口が開きにくくなったり、音がなったり、痛みがでることもあります。

これらは、上下の歯が過度に接触することから起こります。

夜間、歯ぎしりや食いしばりをしている人はどうでしょうか?
無意識での歯ぎしりや食いしばりは100㎏くらいの力がかかるといわれています。
寝ている間中、ずっと歯ぎしりや食いしばりをしている場合、長時間プラス強い力が加わり、問題をより引き起こす可能性があります。

噛み合わせに関しては、咬合器に付けた模型での診断や筋肉触診、関節の聴診、レントゲンやMRIを用いた検査が必要です。

噛み合わせに不安を感じられる方は、気軽にご相談下さい。

川西市
青山歯科医院

スポンサーサイト

噛み合わせの重要性。

9月20日21日はHDAの大阪例会がありました。


噛み合わせは顎関節を軸に行われるものです。
MRIの画像は今までのレントゲンでは見ることの出来なかった関節円盤や炎症性の反応を映し出しています。また、立体的な見方も可能です。

噛み合わせと顎関節の関係をしっかり検査と診断をできる歯科医はほとんどいないのが現状でしょう。しかし、HDAの私達メンバーは顎関節を中心に口腔全体を見ることの出来る口腔科医という考えかたで全ての患者さんのお口を診ております。
顎関節の構造的変化は外傷、ホルモンの不調和、または咬合の問題や矯正治療にも原因があります。その方の様々なヒストリーをしっかり聞き取り、MRIや咬合模型、口腔内写真などの資料を考察しなければ、正確な診断はできず治療を行うことはできません。


マスターの酒井先生と金子先生です。

川西市
青山歯科医院

MRIによる顎関節診断

22日金曜日。HDA西日本支部会のミーティングの中で各ドクターがそれぞれ自分のMRI画像の分析を行いました。

私の左右の顎関節のT1画像です。

私自身、顎関節にこれといった自覚症状はありませんでした。しかし、この度のMRI撮影で分かったことは、関節円板の前方転移と関節頭の変形があることでした。状態としてはかなり悪い(ToT)

今回、自分自身の結果を知り感じたことは、顎関節症の診断にMRIが必要不可欠であることと顎関節の変化が比較的簡単に起こるのではないかということ自覚症状がなくても進行すると言うことです。

また、噛み合わせの中心で軸となるのは顎関節です。歯科医は顎関節の理解をしっかりした上で枝葉にあたる歯の修復にあたるべきだと改めて感じました。

川西市
青山歯科



咬合調整実習

HDA 大阪の支部会で咬合調整の実習を行いました。


この写真は実際に患者さんの噛み合わせを削合していく前に模型上で削合しシュミレーションしている様子をビデオ撮影さしている様子です。この模型はこの後に行う川村先生のもの。この日はシュミレーションの後に実際に川村先生のお口の噛み合わせの調整を行いました。本日の術者は私、青山。よって咬合調整中の写真は有りませんが次回の調整の際はその模様も写真に残したいと思います。

HDA は、アメリカのパンキーインスティチュートで教わった世界のグローバルスタンダードな総合歯科治療を日本で実際に行っているグループです。

咬合調整は正確な分析やこのような日々のトレーニングにより患者さんのお口の中に行われなければなりません。

川西市
青山歯科医院

スポーツマウスピース


もうすぐプロ野球も開幕ですね

僕は昔からタイガースファンですが、

今年はドラフト1位の大卒ピッチャーがどれだけ活躍するのかがものすごく楽しみです

それともう一つ注目したいのが

楽天イーグルスの田中将大投手が、今シーズンからスポーツマウスピースを入れています。

球が速くなるとのこと。 効果のほどに興味があります。


ラグビーとかボクシングなどのコンタクトスポーツでは、保護のためにスポーツマウスピース

した方が良いと思います。また、マウスピースを入れることで力が入りやすくはなります。


スポーツマウスピースは、少し硬めのゴムのような素材で作ります。

マウスピース  スポーツマウスピース

色もたくさんあります。噛み合わせのこともありますので、歯科医院で作成されることをお勧めします。


川西市・宝塚市

青山歯科医院





テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。