スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯を失うと骨もなくなる

歯槽骨という骨をご存知でしょうか?

歯根の周りにある、歯を支える役目の骨です。

歯周病で歯を失ったり、むし歯や外傷などで歯を失った場合には、
歯を支える役目を失った歯槽骨は、どんどん減っていきます。

その歯槽骨が減り、あごの形が変化していくと
歯のない所に人工の歯をつくる治療(入れ歯やインプラントなど)
が行ないにくくなったり、安定しにくい物になったりします。


ワカマツ100621

インプラント100621

この写真の方は『どうしても入れ歯が嫌』という患者さん。
残っている歯の修復治療も終了間近となり、
あとは右下の臼歯部にインプラントが可能かどうか
CT撮影とI-CATで骨の状態を確認する事にしました。

右下の臼歯部は骨の高さはそこそこ維持されているのですが、
骨の幅が3~4mmしかありませんでした。

骨の幅がない所には、インプラントを入れるにも骨の幅を増やすような処置を
する必要となります。


この患者さん、最終的にはインプラント3本で欠損部分の修復治療を行なうこととなりました。


最奥の臼歯がなくなると、そこに歯を作ろうとすると入れ歯かインプラントしかありません。
奥の歯が残っていれば、ブリッジという橋渡しの治療も可能となります。

骨のないところにもインプラントはできますが、限度があります。
皆さまどうか歯を抜く事のないように日々のケアを行なってください。



川西市
青山歯科医院




スポンサーサイト

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

犬の歯周病

ハナ
先日、知り合いの家に行きました。
その家には大きな犬が玄関で飼われていました。
名前は『ハナ』。十数年飼われているメスのゴールデンレトリバーです。
ハナは歯が2本ないらしく、どうやら歯周病になっているとの事。
犬の歯周病を調べてみると、3歳以上の犬の80%以上が歯周病だそうです。
治療も人間と同じように歯を磨いたり、歯石を取ったりするようです。


日本人の8割は歯周病と言われます。
手を使って自分で歯ブラシが使える人間が、犬と同じくらいの歯周病罹患率と言うのはいかに毎日のお手入れが十分でないかと言うことでしょうか。
免疫力の低下とも大きく関係する歯周病ですから、それだけ人間の方が忙しく、ストレスの多い生活を送っていると言うことなのかも知れませんね。
歯周病をどんどん減らすよう努力したいと思っています。
一緒に頑張りましょうね。

川西市青山歯科医院




テーマ : 健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

歯周病

最近、歯周病の予防にプロバイオティクスを応用した研究がされている事を知りました。

プロバイオティクスって何か?
口腔内や腸内の細菌叢に作用し、細菌叢の健全化を図りながらバランスを保ち、疾病の予防、改善に寄与する微生物。歯周病予防には乳酸菌LS1。

これからは歯ブラシ、フロスを中心とした「機械的アプローチ」、殺菌剤などによる「化学的アプローチ」、それにプラスしてプロバイオティクスを応用した「生物的アプローチ」って事になっていくのかな。

ちょっと注目していこうかと思っております。

でも予防の基本はブラシとフロスですよ~

川西市青山歯科 副院長でした。







テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

治療終了

川西市花屋敷青山歯科医院 青山康大郎

今日、1人の患者さんの1年越しの治療が終了しました。
今回は、小さなむし歯と奥の歯周病の治療のみ、後はメンテナンスで経過観察です。
過去の治療はそのままで、あまり大きな治療ではありませんでしたが、ホントに長い間お疲れ様でした。
tomiharas_convert_20090926175230.jpg
術後です。
良くなった状態を維持する為に家でのお手入れ頑張ってください。

メンテナンスではいい状態で見せに来てくださいね。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

歯周病予防とむし歯予防


兵庫県川西市青山歯科医院 副院長青山です。
歯周病やむし歯の予防について。

歯周病やむし歯はプラークと言われるお口の中の細菌の塊が原因しておこります。
歯周病やむし歯を予防するにはそのプラークを除く事が必要です。
完全に除去することができれば歯周病やむし歯にはなりません。
9091101.jpg
上の写真を見て、何処にプラークがあるか分かりますか?

実際、プラークは無色透明で普通に見ても何処にへばりついているか分かりません。
そこでプラークを染出す特別な液を使ってみますと。
9091102.jpg
このようにプラークの着いている場所がよく分かります。

効率よくプラークを除去し、確実に予防をするには染出し液はたいへん有効です。

青山歯科医院では、磨き残しやお手入れの苦手な所を患者さん自身に確認して貰っています。
歯周病やむし歯にならないために、家でのプラーク除去を頑張ってくださいね






テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。