スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できるだけ歯を抜かない治療

自分の歯をできる限り残したい。
と多くの方はそのように思われています。

歯周病でブラブラの歯やむし歯で歯冠が大きくなくなった歯を
残してほしいと言われることもあります。
中には歯根の破折が起こっているのが分かっているけども
抜きたくないといわれる方もおられます。

その方に対しては、その方自身が抜く必要を感じるまで、抜く勇気が出るまで
できる限り痛みが出ないように協力いたします。

しかし、青山歯科医院ではお口全体の健康や機能
考えた治療をお薦めしています。
『出来る限り歯を残す治療』vs『出来るだけ長期に多くの歯を残す治療』
長期に多くの歯を残す場合、予防的に治療を考える必要があります。お手入れ習慣や技術の獲得・お手入れのできる口腔内環境に改善することが大切です。また、咬合圧や咀嚼圧などの歯や顎にかかる力の負担分散や除去も考える必要があります。計画的に基礎から積み上げる形式の治療計画が必要となります。

川西市
青山歯科


スポンサーサイト

予防歯科の大切さ

今回は予防歯科についてかいてみたいとおもいます。

スウェーデンは予防先進国と言われます。歯が生え始めてから予防を行っていくことで、生涯での疾患を防ぎ、喪失歯の本数を減らしています。

日本でも歯の喪失は年々減少してきており、素晴らしいことだと思います。

只これは個人差があり、予防に意識の高い人とそうでない人でのお口の健康度合いはかなり差があります。

青山歯科医院では、来院される全ての方に対しお口の健康を提供したいと考えております。
患者自身の気になった所や目に見える問題だけを修繕するということではありません。

お口の中には、目に見える問題点だけでなく、原因や気付かない問題があり今の問題が現れます。

お口の健康度合いをあげて貰うためにはまずは、お口に対する健康意識をあげてもらうことと正しい認識が必要です。

その為に、全ての方にデンタルドックをおすすめしております。

グッドスマイルのデンタルドックの特徴はただ結果を数値化して報告するのではなく、患者さんと一緒に調べていく方法で行います。

つまり、患者さん自身がお口の状態を認識しつつ、お口の健康意識を高めてもらうということです。

噛み合わせの中心となる顎関節の問題から歯や歯周組織の細部、その方の生活習慣など全てを調べてから予防中心の治療計画をお話しております。

関心のある方はホームページをご覧下さい。

川西市
青山歯科医院





その治療は健康の為か!?

歯の治療では、保険診療と自費診療(自由診療)といわれます。

『私の母は、お金をかけてかぶせたりしてるけど、すぐに歯ぐきが下がってきたり、抜かないといけなくなるのですが、お金をかけても悪くなるのは一緒なんですか?』
この前来られた患者にこんな事を相談されました。

そもそも自費と保険とは何が違うのか?

保険治療と自費治療の違い、保険診療と自由診療の違いとして、色々と歯科医院のホームページで紹介されています。

高価な材料が自費で、安価な材料が保険でしょうか?

セラミックの白く美しい修復が自費で、樹脂や銀の修復が保険でしょうか?

アレルギーを起こさないのが自費の材料で、アレルギーを起こしやすいのが保険でしょうか?

物質的変化を起こしにくいのが自費で、物質的変化が起きやすいのが保険でしょうか?

確かにこのような保険と自費の違いは間違いではありません。

しかし、本当に大切なことは何か?
それは患者さんの健康をどのようにつくり守って行くか。
その為には、たとえ1本のむし歯であっても全体を診る必要があるという事です。
保険や自費の選択だけで健康はつくれるものではないという事です。

先程の患者さんの相談は、まさに保険と自費の選択だけで治療されてしまった結果起こった事でしょう。

お口の健康を守る歯科医院としては、歯を支える歯周組織やそれを動かす顎関節や筋肉などにも、またその方の生活習慣にも目を向けて治療を計画する事だと考えます。

川西市
青山歯科医院















虫歯の断面


まだ穴は小さくても歯の中に感染が広がっています。早めの治療が大切。

フロスの話

以前、カナダのトロントで知人の歯科医院見学をしていた時のことです。
10歳くらいの男の子が、診療室に入ってきて先生に『昨日治療したところにフロスがひっかかるからなんとかして欲しい』と言ったのです。

歯と歯の間とその歯ぐきの中は、自浄作用の働かない場所。細菌たちの隠れ場所になります。そこの清掃をして細菌を除くのがフロスの役目です。


これがフロスです。

皆さん、フロスはひっかかりませんか?

グッドスマイルシステムのデンタルドックでは。フロスのひっかかりテストも行いますが
70%程の治療跡でひっかかりが発見されます。

虫歯や歯周病を予防するには、フロスがひっかかりらない修復をする必要があります。

先ずは一度フロスを使って使ってセルチェックをしてみてください!


こんな事になっているかも…。

川西市
青山歯科医院
FLASH万年カレンダー
プロフィール

AoyamaDC

Author:AoyamaDC
青山歯科医院ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。